NBA用語集

このサイト内でよく用いられる用語などを簡単に紹介します。詳細な説明はリンクをクリックしてください。

随時追加していきます。

 

NBA

NBAはNational Basketball Associationの頭文字をとった略でアメリカの都市から29チーム、カナダのチームが1チームの合計30チームからなる世界最高峰の北米バスケットボールリーグです。ほかのリーグと大幅に違う点は1クォーター12分あることや3ポイントエリアが国際ルールよりも広いことが挙げられます。

NCAA

NCAAは、National Collegiate Athletic Associationの略で全米の大学が競うリーグです。バスケットボールの場合、ディビジョン1(1部)、ディビジョン2(2部)、ディビジョン3(3部)があります。1クォーター20分の2クォーター制で行われます。NBAに負けないくらいの人気があります。

NCAAトーナメント

March Madnessと呼ばれ、毎年3月に開催されます。その年の大学ナンバーワンのチームを決めるトーナメント形式の大会です。

ペース

1試合当たりの攻撃回数の平均、オフェンス効率を表す。

オフェンシブレーティング

100ポゼッション当たりの平均得点数、ディフェンス効率を表す。

ディフェンシブレーティング

100ポゼッション当たりの平均失点数

ネットレーティング

オフェンシブレーティングとディフェンシブレーティングの差

アシスト/ターンオーバー

アシスト数÷ターンオーバー数のこと。主にポイントガードにおいて重要な数字とされる。

・プラス・マイナス

相手との1試合当たりの得失点差。選手の場合、出場時間内での相手との得失点差。

・PIE

プレイヤーやチームの影響力を表す。