2018-2019シーズンタイトル予想:MVP

2018-2019シーズンの各タイトルを予想していきます。

今回は、MVPを予想していきたいと思います。

最有力:レブロン・ジェームズ

有力候補:カワイ・レナード、ラッセル・ウエストブルック

サプライズ候補:ヤニス・アンテトクンポ

予想理由:

・レブロン・ジェームス

最有力に挙げたレブロンは、今年クリーブランド・キャバリアーズからロサンゼルス・レイカーズへと移籍し、オフの移籍の中で最も注目を集めました。最有力候補に挙げた最大の理由は、レイカーズが昨シーズン35勝47敗でウエスト11位だったことが大きな理由です。MVPの受賞のためには、個人成績も重要ですがチームの順位も重要になってきます。今シーズンのレイカーズは、昨シーズンの若い選手だけで構成する「ヤングレイカーズ」の中心選手であるブランドン・イングラム、ロンゾ・ボール、カイル・クーズマらと補強で獲得したレイジョン・ロンド、ランス・スティーブンソンらベテランが加入したことでチームの強化されました。このチームでレブロンが活躍し、強豪ぞろいのウエスト上位争いをすることでMVPの受賞に近づくと共います。さらにレブロンのMVP受賞回数は4回、マイケル・ジョーダンは5回、次の受賞で並びます。このことも受賞のモチベーションになるのではないかと思います。

・カワイ・レナード

次に有力候補カワイ・レナードは、昨シーズン9試合の出場にとどまり、チームにトレードを要求したとされています。そしてトレードでサンアントニオ・スパーズからトロント・ラプターズへと行きました。レナードは、オフェンス、ディフェンス共にリーグを代表するプレイヤーです。さらにラプターズは、昨シーズンイースト1位の成績でしたがエースのダマー・デローザンとレナードをトレードし、より一層のディフェンス力の向上を図りました。レナードにとっては、ラプターズはMVPを取りやすいチームでしょう。オールスターPGのカイル・ローリーらチームメイトもチーム優先で個人成績にこだわらずプレーするのでレナードの得点機会もスパーズ時代よりも増えるのではないかと思います。今シーズン、イースト1位候補とされるボストン・セルティックスの予想を覆し1位になることでレナードのMVP受賞の可能性も上がるのではないかと考えられます。

・ラッセル・ウエストブルック

ウエストブルックは、昨季2年連続のシーズン平均トリプルダブルを達成しました。今シーズン3年連続となるシーズン平均トリプルダブルを達成し、今シーズン34回トリプルダブル達成で歴代2位138回のマジック・ジョンソンを抜くことになります。さらに今シーズン、オクラホマシティ・サンダーは、ポール・ジョージとの再契約をし、チームになじめなかったカーメロ・アンソニーを放出し、その代わりにサポーティングキャストの補強を進めました。昨季ウエスト48勝の勝ち数をどれだけ増やせるかにもかかってくるでしょう。そのうえで3年連続平均トリプルダブルを達成でかなりの有力候補となるでしょう。

・ヤニス・アンテトクンポ

最後にヤニス・アンテトクンポです。ヤニスの場合、個人成績もそうですが受賞のためには、チームの順位が大きく大事になってくるでしょう。すでにNBAを代表するプレイヤーと称されているにもかかわらず、3ポイントなど伸びしろがまだまだ残っている点でも個人成績の上昇が期待できますが、昨シーズン期待されていましたがイースト7位でプレイオフ進出ギリギリでした。今シーズンは、ジャバリ・パーカーを放出し、本格的にヤニスのチームとして動いていきます。よってチームの順位がヤニスの評価につながるでしょう。ミルウォーキー・バックスがイースト1位になるようなことがあれば、MVP受賞候補にも挙がっていくでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました