ルオル・デン、LALからバイアウト

ロサンゼルス・レイカーズのルオル・デンがバイアウトに合意することが発表されましたね。

ルオル・デンといえば、シカゴ・ブルズでトム・ティポドーHCのもとデリック・ローズ、ジョアキム・ノア、カルロス・ブーザーなどと共にEASTのトップ争いをしたチームの一員でした。その間に2012年と2013年にオールスターにも選出され、オールディフェンシブチームにも選出され、リーグを代表するプレイヤーでした。

ブルズの後は、クリーブランド・キャバリアーズ、マイアミ・ヒートと移籍し、2016年から昨シーズンまでレイカーズにいましたが昨シーズンは、若手の筆頭もあり出場時間が激減していました。

ルオル・デンは、2004年にデューク大からNBAドラフトにエントリーし、フェニックス・サンズから全体7位指名でドラフトされ、直後にシカゴにトレードされました。

レイカーズをバイアウトされたということは、デンは、これから新たなチームに向かうことになると思いますが、先日引退したデイビット・ウエストのように優勝のできるチームに行くのかそれとも出場時間が得られる場所に行くのか楽しみです。
ちなみにイギリス代表でロンドンオリンピックの時にはチームを58年ぶりのオリンピックでの出場+勝利にエースとして貢献しました。

先日行われたアフリカゲームの時の動画です。

2013年シーズンのデンのプレーです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました