ルオル・デンがミネソタ・ティンバーウルブスと一年契約

先日、ロサンゼルス・レイカーズをバイアウトで退団したルオル・デンがミネソタ・ティンバーウルブスを一年契約したとESPNが伝えた。

ミネソタとデンの関係は、デンがオールスターに出場したシカゴ・ブルズ時代にHCをしていたトム・ティポドーがHCをしていることである。今回の契約もデンの能力を知っているティポドーが指揮をしているということが大きな理由だろう。

さらにミネソタにはかつてシカゴでイースト1位にも輝いた時のメンバーであるデリック・ローズ、ジミー・バトラー、タージ・ギブソンらが在籍しており、デンがチームにうまくフィットするのではないか考えたのではないか。特にミネソタはフォワードの控え選手が心もとないのでトム・ティポドーHCが信頼しているデンは、必要な選手なのではないかと思う。

問題は昨シーズン出場がほぼなかったことだが先日のアフリカゲームで活躍したことを考えるとある程度の活躍は期待できる。

起用方法は、ミネソタにはジミー・バトラーとアンドリュー・ウィギンズがいるので控えになるだろうがデンが求めていた出場の機会は、少なくともレイカーズに在籍していたころよりは増えるであろう。

その他にも成長し、リーグを代表するプレイヤーになりつつある、カール・アンソニー・タウンズ、アンドリュー・ウィギンズのさらなる成長を助ける役割も求められるであろう。

これで今シーズンのミネソタの控えは、デンを加えてデリック・ローズやゴーギー・ジェンなど活躍できる選手が揃ってきてウエスト上位を狙っていくことだろう。

個人的に楽しみなのは、コート上にシカゴ時代にプレーした、デリック・ローズ、ジミー・バトラー、タージ・ギブソン、ルオル・デンという当時を知るファンにとってはたまらないラインナップがみられることである。後いないのはジョアキム・ノア(現ニューヨーク・ニックス)だがそちらもニューヨークでは出場時間が与えられていないのでもしかするとミネソタとの契約もあるのではないかとひそかに思っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました