Javaの資格を取った時の経験を語ります(oracle Java SE Silver)

Java

Oracle Java Silverとは

Oracle Java Silverはオラクルが実施しているJavaスキルの認定資格です。
サン・マイクロシステムズからオラクルが買収し、以降オラクルがこの認定試験を行っています。
この認定試験はBlonze、Silver、Goldとあり今回はSilverについて紹介したいと思います。

難易度

難易度は、Javaの記述方法をある程度分かっていればそこまでの難易度はありません。
範囲も基本的には、一般的なJavaのスキルに加えて、Java8より適応されたラムダ式やArrayList、Mapなど比較的よく利用する内容が少しだけ含まれます。

勉強した期間

私はこの資格を取ろうと思って2週間で獲得しました。

もちろん、Javaをすでに勉強していたのもあるのでその期間を合わせると1か月半ほどで取得しました。
過去問を解きしっかりと勉強していれば比較的簡単に取得できます。

おすすめ書籍

まず絶対に下に紹介する本を買って勉強してください。
特に理由は言いませんが必ずです(理由は察してください)


徹底攻略Java SE 8 Silver問題集[1Z0-808]対応 徹底攻略シリーズ

こちらの本を繰り返し、解いてすべての問題を理解してとけるようになれば、合格できます。
もちろん問題だけではなくしっかりとした解説もあり、Javaの勉強にも大いに役に立ちます。

まとめ

Oracle Java Silverはオラクルが実施しているということでJavaのスキルを確認するためにはとても良い試験になると思います。

Javaの勉強でモチベーションが保てなくなった時に資格の勉強をすることでモチベーションの持続にもつながります。
Javaのスキルアップのためにも資格の勉強を頑張りましょう!!

タイトルとURLをコピーしました