サンアントニオ・スパーズに在籍していたパウ・ガソルがイースト1位のミルウォーキー・バックスへ移籍することが発表されました。

この移籍によって、バックスは優勝を複数回経験しているベテランセンターを獲得できました。
ガソルは、今シーズン序盤にはケガで長く欠場しており、復帰してからもスパーズは若手にチャンスを与えており、ガソルの出場時間が激減していました。

ちなみに先日には弟のマーク・ガソルもイーストのライバルチームであるトロント・ラプターズに移籍しており、イーストの頂点を決める試合で兄弟対決も楽しみな注目点になりました。

パウ・ガソルは、今シーズン27試合に出場して4.2得点4.7リバウンド1.9アシストを記録しています。
キャリアでは、オールスター6回の出場しロサンゼルス・レイカーズ時代には、コービー・ブライアントと共に優勝2回を獲得する中心的なプレイヤーとして活躍しました。
その他、メンフィス・グリズリーズ、シカゴ・ブルズでも活躍しました。
世界大会でもスペイン代表として、長く活躍しました。

またミルウォーキー・バックスは、スターターガードのエリック・ブレッドソーとの4年契約を結んだことも発表された。

ブレッドソーは今シーズン、60試合に出場し15.7得点4.6リバウンド5.5アシストを記録しており、オールスター候補にも挙げられるような活躍を見せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です