オールスターリザーブ選手:ビクター・オラディポ

2019年のNBAオールスターに出場する選手の中でオールスターゲームにリザーブとして選ばれた選手たちを紹介していきたいと思います。

今回は、イースタンカンファレンスで上位争いをするインディアナ・ペイサーズを引っ張る活躍を見せていたビクター・オラディポを紹介したいと思います。

2019年NBAオールスター特集

過去のキャリア

2013年にオーランド・マジックに全体2位で指名されてからルーキーシーズンに13.8得点を挙げ活躍を見せ、その後も活躍していましたが2016年にはオクラホマシティ・サンダーに移籍し、次のシーズンにはポール・ジョージとのトレードのためにインディアナ・ペイサーズにトレードされるという、トレード要因になってしまうシーズンが続きましたが昨シーズン、あまり期待されていなかったインディアナ・ペイサーズでいきなり23.1得点を挙げ、その他多くの数字がキャリアハイの数字を残し、ペイサーズのエースとしてチームを48勝34敗でイースト5位の好成績に導く活躍を見せました。

その活躍を見せた昨シーズンには、文句なしのMIP賞を獲得し初めてのオールスターにも選ばれました。

身体能力が高いプレイヤーとして、ダンクコンテストも出場した経験がありますが3ポイント、フィールドゴールの成功率も高い数字を挙げる高いシュート力もあります。

今シーズンの成績

  • 18.8得点
  • 5.6リバウンド
  • 5.2アシスト
  • 0.3ブロック
  • 1.7スティール

今シーズンの活躍

今シーズンは少し、得点の数字を落としていましたがペイサーズ自体は、36勝19敗で大きく勝ち越しておりイーストトップ5の上位争いを繰り広げており、重要な場面ではオラディポが任され、その期待にも応えています。

開幕前から大きな期待がかけられていたペイサーズは、オラディポに依存しなくてもよい状況になっているのでチーム成績が好調の要因になっています。

しかし、シーズン途中に大ケガをしてしまい今シーズンの残りを全休することになってしまいました。
ペイサーズもオラディポがケガをした1月23日のトロント・ラプターズ戦に勝って以降4連敗してしまい、オラディポ欠場の影響力が大きくなってしまいました。

このケガによって今回のオールスターゲームに選出されはしましたが出場はできなくなってしまいました。

来シーズンに復活して再びペイサーズの顔として大活躍してくれることを期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました